投資する価値あり! DTM専門家が推奨する音楽制作PCおすすめ一覧

目次

音楽制作PCの選び方ガイド

音楽制作PCの選び方ガイド

DTMに最適なスペックとは?

DTMに最適なスペックを選ぶ際、まず考えるべきはプロセッサーの性能です。

音楽制作では多くのプラグインや複数のトラックを同時に扱うため、高性能なCPUは必須と言えます。

Core i5以上のプロセッサーを選ぶと、快適に作業が進められます。

また、RAMについても重要で、最低でも16GBは欲しいところです。

さらに、音楽データやプロジェクトファイルの保存には大容量のストレージが求められますが、アクセス速度の速いSSDがおすすめです。

音楽制作ではサンプルや音声ファイルの読み込み速度が重要になるため、SSDの方がHDDよりも遥かに効率的です。

また、サウンドカードも外せない要素で、内蔵されているものよりも外付けの高品質なものを選ぶことで、よりクリアな音質で制作が行えます。

最後に、画面の大きさや解像度も忘れてはならないポイントで、多くのトラックやプラグインを一度に表示するには広い画面が便利です。

以上のポイントを踏まえると、音楽制作専用のPC選びに失敗はありません。

PCの種類と音楽制作への影響

音楽制作に適したPCを選ぶ際、性能はもちろんのこと、PCの種類にも注意が必要です。

デスクトップPCとノートPCでは、それぞれ音楽制作に及ぼす影響が異なります。

デスクトップPCは拡張性に優れ、高性能なCPUや大容量のメモリ、複数のハードディスクを組み合わせることが可能です。

これにより、複雑な音楽プロジェクトや高品質なサンプルを扱う場合でも、快適に作業を進めることができます。

一方、ノートPCは携帯性が魅力ですが、一般的にはデスクトップPCと比べると多少性能が制限されがちです。

しかし、最近ではプロレベルの音質を確保しつつも、コンパクトなボディに高性能なスペックを備えたモデルも増えています。

そのため、外出先でのライブパフォーマンスや移動中の作業を重視する音楽制作者には適した選択肢と言えるでしょう。

さらに、音楽制作ではオーディオインターフェースとの互換性も重要です。

デスクトップPCではUSBだけでなく、Thunderbolt接続も選ぶことができるため、高速データ転送が求められる状況でも対応が可能です。

これに対してノートPCでは、ポートの種類や数が限られていることがあるため、使用するオーディオインターフェースや外部デバイスによっては接続に工夫が必要になる場合もあります。

音楽制作におけるPC選びは、単にスペックだけでなく、制作環境や作業スタイルに合わせた慎重な選択が求められるため、各種類の特徴をしっかり理解した上で最適なモデルを選ぶことが大切です。

予算別DTM PCの選び方

予算別でDTM PCを選ぶ際には、その価格帯ごとに最適なスペックや機能が異なります。

まず、エントリーレベルとしては、基本的な音楽制作が行える程度のPCがおすすめです。

これは、少ない予算で初めて音楽制作を始める方に適していて、主要なDAWソフトもスムーズに動作する最低限の性能を持っています。

中価格帯のPCでは、より多くのプラグインや複雑な音源を同時に扱えるよう、高速なCPUと十分なRAMを搭載したモデルを選ぶことが重要です。

また、音質にこだわるユーザーのために、高品質なオーディオインターフェースが内蔵されているか、または外部から容易に追加できる製品を選ぶと良いでしょう。

高価格帯のPCでは、プロフェッショナルレベルの作業を快適に行うために、最新の技術が導入され、多くの拡張スロットや強力なグラフィックカードが提供されます。

これにより、高度な音声処理やビデオ編集も可能になりますので、音楽プロデュースだけでなく、その他のメディア作成にも対応できる万能型のPCが望ましいです。

このように、使用目的や予算に応じて適切なPCを選ぶことにより、音楽制作の楽しさと効率が格段に向上します。

高性能CPUが求められる理由

高性能CPUが求められる理由

音楽制作でのCPUの役割

音楽制作の過程でCPUは非常に重要な役割を果たします。

例えば、複数の音源やエフェクトを同時に処理する必要がある場合、高性能なCPUはこれらの要求に応えるための十分な計算能力を提供します。

音楽制作では、リアルタイムでの音声処理が求められ、これには高速で正確な計算が必要です。

多くのVSTプラグインや仮想楽器はCPUに依存しており、複雑な音響効果やシンセサイザーが実際に音を生成する際には、強力なCPUがその性能を最大限に引き出すことができます。

また、CPUのスペックが高いほど、多くのトラックやエフェクトを同時に扱うことが可能になり、作業の効率も大幅に向上します。

そのため、音楽制作専用のPCを選ぶ際には、処理速度やコアの数など、CPUの性能を重視することが極めて重要です。

これにより、クリエイティブなプロセスに集中しやすくなり、制作活動がスムーズに進むことでしょう。

最新CPU性能一覧


型番 コア数 スレッド数 定格クロック 最大クロック Cineスコア
Multi
Cineスコア
Single
公式
URL
価格com
URL
Core i9-14900KS 24 32 3.20GHz 6.20GHz 41314 2397 公式 価格
Core i9-14900K 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41263 2339 公式 価格
Core i9-14900KF 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41263 2339 公式 価格
Ryzen 9 7950X 16 32 4.50GHz 5.70GHz 38722 2061 公式 価格
Ryzen 9 7950X3D 16 32 4.20GHz 5.70GHz 38646 2032 公式 価格
Core i7-14700K 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35632 2216 公式 価格
Core i7-14700KF 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35632 2216 公式 価格
Core i9-14900 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33877 2190 公式 価格
Core i9-14900F 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33877 2190 公式 価格
Core i7-14700 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32647 2085 公式 価格
Core i7-14700F 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32647 2085 公式 価格
Ryzen 9 7900X 12 24 4.70GHz 5.60GHz 29355 2023 公式 価格
Ryzen 9 7900 12 24 3.70GHz 5.40GHz 28954 1953 公式 価格
Ryzen 9 7900X3D 12 24 4.40GHz 5.60GHz 27130 2028 公式 価格
Core i5-14600K 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24724 2086 公式 価格
Core i5-14600KF 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24724 2086 公式 価格
Core i5-14500 14 20 2.60GHz 5.00GHz 22152 1934 公式 価格
Ryzen 7 7700X 8 16 4.50GHz 5.40GHz 20433 1999 公式 価格
Ryzen 7 7700 8 16 3.80GHz 5.30GHz 19573 1922 公式 価格
Ryzen 7 7800X3D 8 16 4.50GHz 5.40GHz 17792 1801 公式 価格
Core i5-14400 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16101 1763 公式 価格
Core i5-14400F 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16101 1763 公式 価格
Ryzen 5 7600X 6 12 4.70GHz 5.30GHz 15341 1965 公式 価格
Core i3-14100 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9106 1733 公式 価格
Core i3-14100F 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9106 1733 公式 価格
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ゲーミングPC ZEFTシリーズ
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ホームページ

おすすめのCPUモデル比較

音楽制作の心臓部とも言えるCPUは、DTM(デスクトップミュージック)制作において非常に重要な役割を果たします。

DTMは多くのトラックやエフェクトを同時に処理する必要性が高いため、高性能なCPUが必須となり、作業の快適性と効率性を大きく左右します。

例えば、IntelのCore i9シリーズやAMDのRyzen 9シリーズは、多くのコアと高いクロック速度を持つことから、複雑なプロジェクトでもスムーズに処理できる能力を持っています。

これらのモデルは特にサンプルベースの音源や多層にわたるシンセサイザー、高度な音響エフェクトをリアルタイムで扱う場合の選択肢として最適です。

さらに、これらの高性能CPUを使用することで、レンダリング時間の短縮や、ライブ演奏時のレイテンシー低減など、制作過程における様々なメリットを享受できます。

音楽制作におけるスムーズなワークフローを実現したい場合には、これらのハイエンドCPUが確かな選択となります。

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BE

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BE

アドバンスドセグメントのパフォーマンス、極上のゲーム体験を提供するマシン
最先端のスペックでバランスよく、どんなタイトルも快適にプレイ可能なモデル
洗練された静音ケース、日常の使い心地に溶け込むデザイン性に注目
高速でパワフルなi9プロセッサー搭載、ハードなタスクも余裕でこなすPC

【ZEFT Z45BE スペック】
CPUIntel Core i9 14900KF 24コア/32スレッド 6.00GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースAntec P10 FLUX
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BE

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DA

ゲーミングの頂点を極める、スタンダードミドルクラスのパワフルマシン
プロをも唸らせるバランス?異次元の32GBメモリ、俊足1TB SSD、そしてRTX™ 4070の融合
コンパクトながら大きな存在感、クリアサイドパネルで内部が輝く省スペースケース
快速パフォーマンス?最新Core™ i5が拓く無限の創造力

【ZEFT Z45DA スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 ROG Strix B760-I GAMING WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBS

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBS

ハイレベルなゲーミングPC、これがスマートパフォーマンスの実力だ
16GB DDR5とNVMe SSDで快適スピード!バランス抜群のパワーマシン
コンパクトでスタイリッシュ。省スペースではあるが、パワーは抜群なモデル
Core i5 14400F搭載、スマートでありながら強力な処理能力のPC

【ZEFT Z45DBS スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 ROG Strix B760-I GAMING WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBS

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48D

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48D

ゲームも仕事も滑らかにこなす、高性能ゲーミングPC
均整の取れたパワー、32GBメモリと最新のSSDで快適スピードを実現
静音性を追求したCoolerMasterケース、洗練されたデザインでスペースに溶け込む
次世代を見据えたCore i7-14700F、躍動的な処理能力で先を行く

【ZEFT Z48D スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z48D

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47T

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47T

ゲームも仕事もこれ一台でカバー、スタンダードミドルクラスのゲーミングPC
バランスが鍵。32GBメモリとグラフィック性能に優れたこのスペック、注目に値する
見せる楽しさも。クリアサイドパネルが光る、秀逸なデザインのミドルタワーマシン
快速処理をコミットする、最新Core i5で仕事効率もゲームもスムーズに

【ZEFT Z47T スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースクーラーマスター MasterBox CM694 TG
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47T
]

音楽制作に最適なメモリ容量

音楽制作に最適なメモリ容量

メモリの重要性と適切なサイズを解説

音楽制作において、メモリは多くのソフトウェアやプラグインを同時に快適に動かすために重要な役割を果たします。

特に、高品質のサンプルや膨大な音源ライブラリを利用するDTMでは、大量のメモリ容量が必須です。

理想的なメモリ容量は、使用するソフトウェアやプロジェクトの規模によって異なりますが、一般的には最低16GBを推奨します。

ただし、より複雑なアレンジや多数のトラックを扱う場合は、32GB以上のメモリを搭載することが望ましいです。

これにより、音楽制作中に発生する可能性のあるクラッシュやパフォーマンスの低下を避けることができ、スムーズな作業が可能となります。

さらに、メモリの速度もパフォーマンスに影響を与える要素です。

高速なメモリを選ぶことで、データの処理速度が向上し、タイムライン上でのスクラバーの動きやプラグインの反応が迅速になります。

音楽制作用のPCを選ぶ際は、DDR4またはそれ以上の世代のメモリを選ぶことをお勧めします。

これにより、最新ソフトウェアとの互換性を保ちながら、最高のパフォーマンスを得ることができます。

音楽制作の深化と共に、追加でメモリを増設可能なPCを選択するのも賢明な選択です。

これにより、将来的にプロジェクトがより大規模になった際にも、容易にシステムをアップグレードできます。

メモリのスペックとPCパフォーマンスの関係

音楽制作のためのPC選びにおいてメモリのスペックは非常に重要です。

サンプルライブラリの読み込みや、多くのトラックを同時に扱う際に、十分なメモリがないとPCのパフォーマンスが低下し、クリエイティブなプロセスが中断されがちです。

例えば、プロフェッショナルレベルのDTM作業では少なくとも16GBのメモリを推奨しますが、30以上のトラックを使用する場合や、大規模なオーケストラ作品を制作する場合には32GB以上のメモリが望ましいとされています。

これによって、レイテンシーの低減とスムーズなデータ処理が可能となり、作業効率が大幅に向上します。

音楽制作におけるメモリの必要性は、ただ多い方が良いというわけではなく、使用するソフトウェアやプラグイン、プロジェクトの規模に適したものを選ぶことが絶対に必要です。

これにより、音楽制作のクオリティが保たれ、表現の幅も広がることでしょう。

ストレージの選び方

ストレージの選び方

SSD対HDD DTMにおける違いと推奨

DTMにおいてストレージは、作業の効率を左右する重要な要素です。

特にSSDとHDDでは、その性能差が顕著に表れます。

SSDはSolid State Driveの略で、内部に動く部品を持たないため耐久性と速度がHDDよりも優れています。

一方、HDDはHard Disk Driveの略で、物理的なディスクを持ち、データの読み書きにはディスクの回転が必要です。

この回転に伴う機械的な動きが、SSDに比べて速度の面では劣りますが、一般的に大容量で価格が安いため、コストパフォーマンスに優れています。

DTMでは、複数のプラグインやサンプル、プロジェクトファイルを同時に高速で扱う必要があります。

このような状況下でのSSDの利点は、その高速アクセスにあります。

プロジェクトのロード時間の短縮や、サンプルのリアルタイム処理がスムーズに行えるため、制作のフローが断ち切られることなく、クリエイティブな作業を継続できるでしょう。

そのため、OSや主要なソフトウェア、使用頻度の高いプラグインやサンプル用にはSSDの使用を推奨します。

一方で、大量のデータを保存する必要がある場合、例えば過去のプロジェクトアーカイブや大容量のサンプルライブラリなどは、HDDを使用することが経済的です。

HDDならば、安価で大容量のストレージを確保することができ、コストを抑えつつ必要なデータを保存できます。

結果として、DTMの環境においては、SSDとHDDを適材適所で利用することが最適です。

高速アクセスが要求される作業にはSSDを、大容量データの保存にはHDDを活用することで、効率的かつ経済的な音楽制作環境を構築できるでしょう。

SSD規格一覧


ストレージ規格 最大速度MBs 接続方法 URL_価格
SSD nVMe Gen5 16000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen4 8000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen3 4000 m.2 SSDスロット 価格
SSD SATA3 600 SATAケーブル 価格
HDD SATA3 200 SATAケーブル 価格


クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z49B

パソコンショップSEVEN ZEFT Z49B
【ZEFT Z49B スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z49B

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45ADB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45ADB

ストリーマーからコンテンツクリエイターまで、このプロフェッショナルグレードのゲーミングPCが創造力を加速
頂点を極めたパフォーマンス、RTX™ 4070とi7-14700KF、32GB DDR5のトリプルバランスでゲームも仕事もスムーズに
白い美学が光るNZXT H9 ELITEケース、クリアビューでセットアップをクールに演出
新時代の核心、Core™ i7 14700KFが、デジタルライフを加速

【ZEFT Z45ADB スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H9 Elite ホワイト
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45ADB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AIC

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AIC
【ZEFT Z47AIC スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H5 Flow White
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AIC

パソコンショップSEVEN ZEFT R58BD

パソコンショップSEVEN ZEFT R58BD

プロフェッショナルグレードのクオリティを求めるなら、このゲーミングPCが答え
高性能グラフィックと先進のプロセッサをバランス良く搭載、他を圧倒するスペック
クリアサイドパネルから煌めくRGBが目を引く、スタイリッシュさ際立つハイエンドケース
Ryzen 7の最先端3Dテクノロジー、多忙な作業も快適にこなす心強いCPU

【ZEFT R58BD スペック】
CPUAMD Ryzen7 7800X3D 8コア/16スレッド 5.00GHz(ブースト)/4.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Gskill製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースCorsair iCUE 5000X RGB
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R58BD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSA

熱中するゲームの世界へ誘う、頂点を極めたゲーミングPC
圧巻の性能、イデアルマッチ、PCマニアも唸るスペックの調和
スタイリッシュなケースに高性能を秘めた、洗練されたデザインモデル
快速を極めしCore i9、あらゆる作業をスムーズに

【ZEFT Z45BSA スペック】
CPUIntel Core i9 14900KF 24コア/32スレッド 6.00GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースFractal North ホワイト
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ホワイト
マザーボードintel Z790 チップセット ASRock製 Z790 Pro RS WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSA
]

必要なストレージ容量の目安

音楽制作のためのPCを選ぶ際、ストレージ容量は非常に重要な要素です。

DTMや音楽制作では、高品質の音源ライブラリや多数のプロジェクトファイルを保存する必要があります。

そのため、十分なストレージ容量を確保しておかなければなりません。

一般的に、音楽制作用PCでは最低でも512GBのSSDを推奨します。

しかし、より多くのプラグインやサンプル、そしてプロジェクトファイルを扱うプロフェッショナルな環境では、1TB以上のSSD、または追加の外部ストレージが求められるケースも多いです。

さらに、ストレージの種類にも注目が必要です。

SSDはHDDに比べて読み書きの速度が格段に速く、音楽制作時の応答性が向上します。

高速なSSDはプラグインや音源のロード時間を短縮し、作業の効率化を図ることができるでしょう。

また、音楽ファイルは複数のトラックを同時に扱うことが多く、データの読み込み速度が楽曲制作のスムーズさに直接影響します。

ですから、メインのストレージにはSSDを選び、大量のデータアーカイブ用にHDDを追加するという選択も有効です。

このように、適切なストレージ容量と種類を選ぶことは、音楽制作の効率と快適さを大きく左右します。

音楽制作におけるクリエイティブなプロセスをサポートするために、ストレージ選びには適切な知識と注意を払うことが求められるのです。

音楽制作に最適なグラフィックカード

音楽制作に最適なグラフィックカード

グラフィックカードがDTMに及ぼす影響

音楽制作においてグラフィックカードは重要な役割を担っていますが、DTM環境においてはその影響は極めて特異です。

一般的にグラフィックカードはビデオ編集やゲーム開発など、高いグラフィック性能を要求される作業に不可欠ですが、音楽制作の場面では直接的な音の質に影響を与えるわけではありません。

しかし、DTMにおいて多用されるソフトウェアは高度なユーザーインターフェースを持ち、多くのプラグインやエフェクトをリアルタイムに処理する必要があります。

これらの要求に応えるためには、グラフィックカードがスムーズな画面表示をサポートし、CPUの負担を軽減することが重要です。

特に大規模なプロジェクトや3D波形表示を含む??なセッションでは、適切なグラフィックカードがないとシステムが遅延を起こす可能性が増します。

そのため、音楽制作専用PCを選ぶ際には、音質だけでなくシステムの応答性も重視する必要があります。

ストレスのない作業環境を保持するために、適度なグラフィックス性能を備えたPCの選定が推奨されるというわけです。

この観点からも、DTM用PCの構成を考える際には、グラフィックカードを選ぶことが音楽制作の効率を左右する要素となるのです。

最新グラフィックボード(VGA)性能一覧


GPU型番 VRAM 3DMarkスコア
TimeSpy
3DMarkスコア
FireStrike
TGP 公式
URL
価格com
URL
GeForce RTX 4090 24GB 36274 73488 450W 公式 価格
Radeon RX 7900 XTX 24GB 30165 72788 355W 公式 価格
GeForce RTX 4080 Super 16GB 29209 67743 320W 公式 価格
Radeon RX 7900 XT 20GB 26237 66929 300W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Ti Super 16GB 23792 55167 285W 公式 価格
Radeon RX 7800 XT 16GB 19978 50045 263W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Super 12GB 19287 50688 220W 公式 価格
GeForce RTX 4070 12GB 18016 45487 200W 公式 価格
Radeon RX 7700 XT 12GB 17034 42082 245W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 8GB 8GB 13495 34312 160W 公式 価格
Arc A770 16GB 16GB 13494 34757 225W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 16GB 16GB 13378 34131 165W 公式 価格
Arc A750 8GB 12497 30119 225W 公式 価格
Radeon RX 7600 8GB 10854 31467 165W 公式 価格
GeForce RTX 4060 8GB 10683 28337 115W 公式 価格
Arc A580 8GB 10674 27265 185W 公式 価格
GeForce RTX 3060 8GB 8GB 7355 19452 170W 公式 価格
GeForce RTX 3050 8GB 6288 15904 130W 公式 価格
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN スペック検索
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN クリエイター向けPC EFFAシリーズ

ビデオ編集を伴う音楽制作のPC推奨スペック

音楽制作においてビデオ編集も行う場合、適切なグラフィックカードの選定は非常に重要です。

ビデオ編集を伴う音楽制作では、高解像度のビデオファイルをスムーズに扱う能力が要求されるため、一般的な音楽制作用PCと比較して、より高性能なグラフィックス処理能力が求められます。

ここで推奨されるのは、NVIDIAのGeForce RTXシリーズやAMDのRadeon RXシリーズのような、ビデオ編集に最適化されたハイエンドモデルです。

これらのグラフィックカードは、4Kや8Kの高解像度ビデオを編集する際に必要なレンダリング能力を提供し、エフェクトやカラーグレーディングなどの処理をリアルタイムで行えるため、創作の流れを止めることなく効率的に作業を進めることができます。

また、これらのグラフィックカードはCUDAコアやRay Tracingなどの最先端技術を備えており、音楽制作だけでなく、ビジュアルエフェクトが重要なプロジェクトにおいてもその性能を発揮します。

そのため、音楽とビデオの両方のクオリティを維持しつつ、作業効率を高めたいと考えているプロフェッショナルには最適な選択肢と言えるでしょう。

音楽制作用PCの必要性能とは?

音楽制作用PCの必要性能とは?

デスクトップ型とラップトップ型の性能比較

デスクトップ型とラップトップ型のパソコン、どちらも音楽制作には欠かせない存在ですが、性能や用途によっておすすめの使い方が異なります。

デスクトップ型はその大きな筐体により高性能のCPUや大容量のRAM、高速のストレージを搭載しやすく、長時間の作業においても熱の発散がより効率的です。

これが音楽制作時の処理速度を格段に向上させ、複数のプラグインを同時に動かすような重たい作業もスムーズに行える理由です。

一方、ラップトップ型はその携帯性に優れ、場所を選ばずに作業ができるため、アイディアをすぐに形にしたい音楽クリエイターや、外出先でのレコーディングには適しています。

ただし、搭載できるハードウェアの制限や熱の発散が難しい点は、デスクトップに比べて性能面で劣る場合があります。

そのため、スタジオでの本格的な音楽制作を主に行うのであればデスクトップ型が、演奏会や外での作業が多い場合はラップトップ型が適していると言えるでしょう。

どちらのタイプを選ぶかは、使用するシナリオを想定して最適な選択をすることが重要です。

クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AZ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AZ

エキスパートゲーマー必見のマシン、メモリ64GB搭載で高負荷タスクも軽々とこなす
トップグレードのバランス、アドレナリンを感じさせる速さの64GB DDR5と1TB NVMe SSDの組合せ
目を引くデザイン、Fractal Pop XLケース内の光彩を放つAir RGBでスタイリッシュに
クリエイティブの限界を押し広げる、Core i7-14700Fのパワフルパフォーマンス

【ZEFT Z47AZ スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ64GB DDR5 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6300Gbps WD製)
ケースFractal Design Pop XL Air RGB TG
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AZ

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DFA

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DFA
【ZEFT R56DFA スペック】
CPUAMD Ryzen7 7700 8コア/16スレッド 5.30GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake S100 TG
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R56DFA

パソコンショップSEVEN ZEFT R57G

パソコンショップSEVEN ZEFT R57G

力強いプレイ体験を実現、これぞプロ仕様のゲーミングPC
頂点を極めるパフォーマンス、バランスと速度の融合モデル
スタイリッシュなミドルタワーケース、スペースを取らずに機能美を装う
多彩なタスクを滑らかにこなす、高性能プロセッサ搭載マシン

【ZEFT R57G スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900X 12コア/24スレッド 5.60GHz(ブースト)/4.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake Versa H26
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ DeepCool製 水冷CPUクーラー LE520
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R57G

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47W

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47W
【ZEFT Z47W スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4080 Super (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6300Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47W
]

音楽制作専門家が推奨するPCの条件

音楽制作専門家が推奨するPCの条件を把握することは、クオリティーの高い音楽作品を生み出す上で非常に重要です。

まず、プロセッサーの性能が重要で、少なくともクアッドコアのCPUが推奨されます。

高速なプロセッサーは、複数のプラグインやソフトウェアを同時にスムーズに動かすために必要です。

次に、メモリに関しては最低16GBを推奨しますが、多くの専門家は32GB以上を使うことをおすすめしています。

これは、大規模なプロジェクトや多数の仮想楽器を扱う際に、快適な作業を保証するためです。

また、音楽データの保存にはSSDが推奨され、その速度と安定性が音楽制作の効率を大幅に向上させます。

音質においても、高品質なオーディオインターフェースとの相性が良いPCを選ぶことが肝心です。

さらに、複数のディスプレイをサポートするグラフィックカードも、作業の効率を向上させるために重要な要素となります。

これらの高性能な部品を備えたPCは、音楽制作のプロセスをスムーズにし、時間を節約する上での重要な役割を果たします。

ポートと接続性の重要性

ポートと接続性の重要性

外部機器との接続がスムーズなPC選び

音楽制作においてPC選びで最も重要視される点の一つが、外部機器との接続のスムーズさです。

DTMで使用する外部音源、MIDIキーボード、オーディオインターフェースなど、多様な機器を効率良く接続するためには、十分な数のUSBポートは必須と言えます。

特にUSB 3.0以上の高速ポートが複数あるPCは、データの転送速度が速く、音楽制作中のストレスを大幅に減らせます。

また、Thunderbolt 3などの新しい規格のポートを備えているPCも注目に値します。

これにより、高解像度のオーディオやビデオデータを高速に転送できるため、より複雑なプロジェクトもスムーズに扱うことができます。

音楽制作ではデータのバックアップも重要ですので、eSATAポートやHDMIポートを装備していると、外部ストレージへの高速アクセスやデュアルモニターの設定が可能になり、作業効率が向上します。

ポートの種類だけでなく、その配置も重要です。

前面や側面にアクセスしやすい位置にポートがあると、頻繁に接続・切断する機器が使いやすくなります。

音楽制作用PCを選ぶ際には、これらの接続特性をしっかりとチェックし、自分のスタジオ環境や作業スタイルに合ったものを選ぶことが、効率的で快適な音楽制作への第一歩となります。

拡張性に優れたDTM用PCの選択肢

音楽制作においてPCの拡張性は非常に重要です。

特にDTM(デスクトップミュージック)用のPCを選ぶ際には、将来的に必要となる可能性のある機能拡張やパフォーマンス向上を見越して、十分な拡張スロットや接続ポートを備えたモデルを選択することが推奨されます。

たとえば、追加のサウンドカードやより高性能なグラフィックカードを取り付けるためのPCIスロット、外部機器との接続に必須のUSBポートやThunderboltポートが豊富に搭載されているかどうかは、チェックしておくべきポイントの一つです。

さらに、データのバックアップや外部ストレージとのやり取りが頻繁に発生するため、データ転送速度が高速なeSATAポートやUSB 3.1以上のポートの存在も重要です。

長時間の作業が予想されるため、パフォーマンスが落ちにくい設計がされているか、冷却システムが適切に機能するかも、快適かつ効率的な音楽制作活動を支える要素となります。

このように、DTM用PCを選ぶ際は使用するソフトウェアだけでなく、ハードウェアの拡張性にも注目し、将来のアップグレードが容易なモデルを選ぶことで、長期にわたって音楽制作を楽しむことが可能です。


音楽制作に最適なオーディオインターフェースの選び方

音楽制作に最適なオーディオインターフェースの選び方

オーディオインターフェースの基本知識

音楽制作におけるオーディオインターフェースは、外部のマイク、楽器、その他の音声ソースをデジタル音声データに変換し、コンピューターで扱える形にするための重要な役割を担っています。

その選び方においては、まず対応する入出力端子の種類と数を確認することが基本です。

例えば、マイク入力が必要な場合はXLR端子を、ギターやキーボードなどの楽器を直接接続したい場合は?インチ端子の数にも注目する必要があります。

また、オーディオインターフェースが持つコンバーターのクオリティやサンプリングレートも音質に直接影響するため、これらのスペックについても選択の際には慎重に考慮されるべきです。

更に、レイテンシー、すなわち音声入力からコンピューター内の処理を経て出力されるまでの遅延時間も重要なファクターです。

低レイテンシーを実現できるインターフェースは、特にリアルタイムでの音声処理や演奏において優位性を持ちます。

最後に、使用するソフトウェアによっては特定のインターフェースが推奨されていることもあるため、愛用する音楽制作ソフトウェアとの互換性についても調べておくことが望ましいです。

これらのポイントを理解し、自身の音楽制作のニーズに合わせたオーディオインターフェースを選ぶことが、クオリティの高い音楽制作への第一歩となります。

音楽制作の目的や使用環境に応じて、最適なインターフェースを探求することが推奨されます。

併用するPCのスペックについて

音楽制作においてオーディオインターフェースは重要な役割を担いますが、それを最大限に活用するためには、併用するPCのスペックが非常に重要です。

オーディオインターフェースが高性能であればあるほど、PCもそれに見合った処理能力を持つ必要があります。

具体的には、CPUは多くのトラックやプラグインを同時に処理できる能力が求められるため、最低でもクアッドコアをお勧めします。

また、音楽制作においては大量のデータを扱うことから、十分なRAM(16GB以上を推奨)と、高速なSSDは必須です。

さらに、オーディオインターフェースとの互換性もチェックする必要があります。

使用するオーディオインターフェースが特定のポートを必要とする場合、例えばThunderbolt対応など、対応するポートをPCが持っているか確認することが不可欠です。

加えて、オーディオデータの転送速度や処理速度を向上させるため、マザーボードの品質も重要なファクターです。

高品質なマザーボードはデータの流れをスムーズにし、音質の向上にも寄与するでしょう。

これらの要素を踏まえ、音楽制作用のPCを選ぶ際には、ただスペックの高さだけでなく、使用するオーディオインターフェースとの相性も考慮して選ぶことが大切です。

適切な組み合わせによって、音楽制作の可能性はより一層広がります。

予算をオーバーしない音楽制作PCの選び方

予算をオーバーしない音楽制作PCの選び方

コストパフォーマンスに優れた選択肢

音楽制作において、パフォーマンスとコストのバランスが重要です。

音楽制作PCを選ぶ際、多くの方が最先端の高性能モデルに目が行きがちですが、必ずしも高価な機材が適切とは限りません。

コストパフォーマンスに優れたPCを選ぶことで、賢く予算を管理しながらも、十分なクオリティの音楽を制作することが可能です。

例えば、中価格帯のプロセッサーや十分なメモリ、必要十分なストレージが備わったモデルは、多くの制作環境で活躍します。

特に、サンプルや重たいプラグインが必要でないプロジェクトでは、最高級のスペックよりもコスト効率を重視した選択が賢明です。

音楽制作においては、機材だけでなく、ソフトウェアや周辺機器への投資も重要です。

そのため、PCに過度の投資をするのではなく、バランス良く資金を配分することが成功の鍵となります。

適切なPCを選ぶことで、予算内での高品質な制作環境の構築が可能となり、創造性を最大限に発揮できます。

将来のアップグレード計画を考慮したPC選び

将来のアップグレード計画を考慮したPC選びは、音楽制作において非常に重要です。

技術の進歩は日々速いため、初期の投資だけでなく、将来的な拡張性も見据える必要があります。

選ぶPCは、最低限のスペックを満たすことはもちろん、将来的にメモリやストレージの増設が容易であるかどうかがポイントです。

例えば、多くの空きスロットを持っていることで、追加のRAMや高速なSSDを簡単に装着できます。

また、音楽制作用PCの場合、CPUのアップグレードも視野に入れることが望ましいです。

将来的にはより多くのトラックやエフェクトを同時に扱えるように、高性能なプロセッサへの交換が必要かもしれません。

そのため、CPUソケットが新しいモデルに対応しているかをチェックすることが大切です。

オーディオインターフェースの拡張性も重要です。

高品質な音源やマイクを利用するためには、拡張可能なオーディオインターフェースを選ぶべきです。

USBやThunderbolt接続ができる端子の数や種類も、将来的な機器の追加を考慮して選ぶと良いでしょう。

このように、将来のアップグレードを見越したPC選びは、長期的に音楽制作を行う上での効率とコストパフォーマンスを大きく左右します。

現時点での予算内で最も拡張性の高いPCを選ぶことが、賢明な投資と言えるでしょう。

あわせて読みたい

次世代プレイヤー必見! RTX4080 SUPERおすすめゲーミングPC購買ガイド

静音PC&BTOパソコン

プロが明かすカスタマイズパソコン 注文時の必見チェックリスト!

えぐぜくてぃぶなPC

ゲーミングPC購入の決定版!あなたの職種に最適なモデルとは?

ゲーミングPC Z

ゲーマー必見! 最新おすすめBTOゲーミングPCランキング

BTO PCメーカーの特徴と口コミ評判比較

AIで映像を作るならこのPC AI画像生成に必要な最新スペック

おすすめゲーミングPCライフ

BTOパソコンカスタム完全マニュアル エキスパート直伝!

BTOパソコン シックス

ゲーム実況プロ仕様! おすすめPCカスタムガイド

えぐぜくてぃぶなPC

ライブ配信用PC完全ガイド プロ級配信を叶える最適スペックとおすすめ機種

ゲーミングPC Z

働き方革命! 仕事に適したおすすめパソコンカタログ

静音PC&BTOパソコン

スムーズな編集作業を実現 動画制作者向けパソコンの条件

おすすめゲーミングPCライフ

ゲーム実況に最適! パフォーマンスが高いおすすめPC紹介

えぐぜくてぃぶなPC

ゲーム満足度を左右するPCスペック – 上級者向け選択ガイド

ゲーミングPC Z

データサイエンティスト必見! パワフルなおすすめ「AI PC」のすべて

BTOパソコン シックス

YouTubeで活躍するためのPC選定ガイド おすすめモデル紹介

BTO PCメーカーの特徴と口コミ評判比較

ゲーミングPC – eSports選手必見の最強スペック選定

おすすめゲーミングPCライフ

クリエイター向けPCおすすめリスト ソフトウェア別性能ガイド

静音PC&BTOパソコン

映像クリエイターへ贈る 究極のパソコン選択ガイド

えぐぜくてぃぶなPC

フルオプションの魅力! カスタマイズ可能なBTOパソコン

ゲーミングPC Z

パフォーマンス重視! プロが推薦するおすすめBTOパソコンTOP10

静音PC&BTOパソコン

動画編集専門家が語る、 パソコンスペックの真実

BTOパソコン シックス

ゲーム配信で差をつけろ! パフォーマンス重視のおすすめPC紹介

おすすめゲーミングPCライフ

ゲーマーの夢、フルカスタマイズBTOパソコンの世界

BTO PCメーカーの特徴と口コミ評判比較

初心者からプロまで! YouTube用おすすめPC完全リスト

えぐぜくてぃぶなPC

ゲーマー&ストリーマー必見! 最強配信を約束するおすすめゲーミングPC

BTO PCメーカーの特徴と口コミ評判比較

ゲーム実況のパフォーマンスを高めるおすすめPC選び

ゲーミングPC Z

最適なBTOの選び方 2024年おすすめパソコンガイド

静音PC&BTOパソコン

知っておきたいゲーミングPCの寿命 いつ買い替えるべき?

えぐぜくてぃぶなPC

PCとCPUの相性チェック! BTOで理想のセットアップ

おすすめゲーミングPCライフ

映像制作者のためのパソコン選び スペックの科学

BTOパソコン シックス

アニメーション制作を加速! 映像クリエイターのパソコン必携ガイド

BTO PCメーカーの特徴と口コミ評判比較

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次